Smule

/

シングルベッド
シャ乱Q

Lyrics



流行の唄も歌えなくて
ダサイはずのこの俺
おまえと離れ
一年が過ぎ
いい男性になったつもりが


それでもこの年齢まで
俺が育てた裸の心は
おシャレをしても
車替えても
結局変化もないまま
早く忘れるはずの
ありふれた別れを
あの時のメロディーが
思い出させる


シングルベッドで夢と
お前抱いてた頃
くだらない事だって
二人で笑えたね


今夜の風の香りは
あの頃と同じで
次の恋でもしてりゃ
辛くないのに


寄り道みたいな始まりが
二年も続いたあの恋
初めてお前抱いた夜ほら
俺の方が震えてたね
恋は石ころよりも
あふれてると思ってた
なのにダイヤモンドより
見つけられない


シングルベッドで二人
涙拭いてた頃
どっちから別れ話するか
賭けてた

あの頃にもどれるなら
お前を離さない


シングルベッドで夢と
お前抱いてた頃
くだらない事だって
二人で笑えたね


今夜の風の香りは
あの頃と同じで
次の恋でもしてりゃ
あぁ辛くないのに Woo...

Oh no! It looks like your cookies are disabled. Please enable them to sign in.

Your password has been successfully updated.

or
Already have an account?
Cancel

Forgot Password?

Welcome to Smule

One last step...

Facebook login requires your email address. This will be associated with your Smule account.

New Password

Please choose a new password

Success!

Your account has been verified!

You are now logged in.

Thank you!

One more step!

We’ve added some additional security to make sure everyone has a better time. Please verify your account

Send Verification Email

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your account have been sent

Thank you!

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your updated email address have been sent

Thank you!