Menu

/
Lyrics

粉雪舞う季節は
いつもすれ違い
人混みに紛れても
同じ空見てるのに
風に吹かれて
似たように凍えるのに
僕は君の全てなど
知ってはいないだろう
それでも一億人から
君を見つけたよ
根拠はないけど
本気で思ってるんだ
些細な言い合いもなくて
同じ時間を
生きてなどいけない素直になれないなら
喜びも悲しみも
虚しいだけ
粉雪ねえ
心まで白く
染められたなら
二人の孤独を分け合う
事が出来たのかい
僕は君の心に
耳を押し当てて
その声のする方へ
すっと深くまで
下りてゆきたい
そこでもう一度会おう
分かり合いたいなんて
上辺を撫でていたのは
僕の方
君のかじかんだ手も
握りしめることだけで
繋がってたのに
粉雪ねえ
永遠を前にあまりに脆く
ざらつく
アスファルトの上
シミになってゆくよ
粉雪ねえ
時に頼りなく
心は揺れる
それでも僕は君のこと
守り続けたい
粉雪ねえ
心まで白く
染められたなら
二人の孤独を包んで
空にかえすから

Oh no! It looks like your cookies are disabled. Please enable them to sign in.

Your password has been successfully updated.

or
Already have an account?
Cancel

Forgot Password?

Welcome to Smule

One last step...

Facebook login requires your email address. This will be associated with your Smule account.

New Password

Please choose a new password

Success!

Your account has been verified!

You are now logged in.

Thank you!

One more step!

We’ve added some additional security to make sure everyone has a better time. Please verify your account

Send Verification Email

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your account have been sent

Thank you!

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your updated email address have been sent

Thank you!