Smule

/

トイレの神様
植村花菜

Lyrics


小3の頃からなぜだか
おばあちゃんと暮らしてた

実家の隣だったけど
おばあちゃんと暮らしてた

毎日お手伝いをして
五目並べもした

でもトイレ掃除だけ
苦手な私に
おばあちゃんがこう言った

トイレには
それはそれはキレイな
女神様がいるんやで

だから毎日
キレイにしたら
女神様みたいに
べっぴんさんに
なれるんやで

その日から私はトイレを
ピカピカにし始めた

べっぴんさんに
絶対なりたくて
毎日磨いてた

買い物に出かけた時には
二人で鴨なんば食べた

新喜劇録画し損ねた
おばあちゃんを
泣いて責めたりもした

トイレには
それはそれはキレイな
女神様がいるんやで

だから毎日
キレイにしたら
女神様みたいに
べっぴんさんに
なれるんやで

少し大人になった私は
おばあちゃんとぶつかった

家族ともうまくやれなくて
居場所がなくなった

休みの日も家に帰らず
彼氏と遊んだりした

五目並べも鴨なんばも
二人の間から消えてった

どうしてだろう
人は人を傷付け
大切なものをなくしてく

いつも味方をしてくれてた
おばあちゃん残して

ひとりきり家離れた

Oh no! It looks like your cookies are disabled. Please enable them to sign in.

Your password has been successfully updated.

or
Already have an account?
Cancel

Forgot Password?

Welcome to Smule

One last step...

Facebook login requires your email address. This will be associated with your Smule account.

New Password

Please choose a new password

Success!

Your account has been verified!

You are now logged in.

Thank you!

One more step!

We’ve added some additional security to make sure everyone has a better time. Please verify your account

Send Verification Email

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your account have been sent

Thank you!

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your updated email address have been sent

Thank you!