Smule

/
Lyrics

何かに怯えてた夜を
思い出すのが非道く怖い
ねぇ私は上手に笑えてる?


今は貴方のひざにもたれ
悪魔が来ない事を
祈ってる
ねぇ大丈夫だって言って
嘘みたいに私を
強く強く
信じているから


貴方の腕が声が背中が
ここに在って
私の乾いた地面を
雨が打つ


逃げる事など出来ない
貴方は何処までも
追って来るって
泣きたい位に
分かるから分かるから


残酷に続いてく
この路で
例えば私が宝石になったら
その手で炎の中に投げて
邪魔なモノはすぐにでも
消えてしまうの
ガラクタで居させて


貴方の腕が声が背中が
ここに在って
私の鈍った本音を
掻き乱す


気付きたくなんて無い
自分を振り切る自分を
何処まで走らせて
いればいい?

貴方に聞かせられるような
綺麗な言葉が
見当たらない
卑屈になって叫ぶ私を
縛りつける前に
優しくなんかしないで


貴方の腕が声が背中が
ここに在って
私の乾いた地面を
雨が打つ


逃げる事など出来ない
貴方は何処までも
追って来るって
泣きたい位に
分かるから


貴方の腕が声が背中が
ここに在って...


貴方の腕が声が背中が
ここに在って...

Oh no! It looks like your cookies are disabled. Please enable them to sign in.

Your password has been successfully updated.

or
Already have an account?
Cancel

Forgot Password?

Welcome to Smule

One last step...

Facebook login requires your email address. This will be associated with your Smule account.

New Password

Please choose a new password

Success!

Your account has been verified!

You are now logged in.

Thank you!

One more step!

We’ve added some additional security to make sure everyone has a better time. Please verify your account

Send Verification Email

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your account have been sent

Thank you!

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your updated email address have been sent

Thank you!