Menu

/
Lyrics

あてもなく一人
さまよい歩き続けた
かすかな吐息を
ただ白く染めて


移り変わりゆく
季節のその儚さに
理由もなく
涙がこぼれた
今も愛している…


降り続く悲しみは
真っ白な雪に変わる
ずっと空を見上げてた


この身体が消える前に
今願いが届くのなら
もう一度強く抱きしめて


解り合えなくて
何度もキズつけていた
そんな時でも
いつも優しくて


ふいに渡された
指輪に刻まれていた
ふたりの約束は
叶わないままに
今も憶えている…


遠ざかる想い出は
いつまでも眩しすぎて
もっと側に居たかった


もう二度と逢えないけど
いつも側で支えてくれた
あなただけは

変わらないでいて
最後に見せた
涙が消せなくて
この白い雪たちと
一緒に消えてしまっても
あなたの心の中にずっと
咲いていたいから


寄りそって抱き合った
温もりは忘れないでね
違う誰かを愛しても


最後に聞いたあなたの声を
このままずっと
離さないまま
深く眠りに落ちたい


降り続く悲しみは
真っ白な雪に変わる
ずっと空を見上げてた


この身体が消える前に
今願いが届くのなら
もう一度強く抱きしめて



もう一度強く抱きしめて...

Oh no! It looks like your cookies are disabled. Please enable them to sign in.

Your password has been successfully updated.

or
Already have an account?
Cancel

Forgot Password?

Welcome to Smule

One last step...

Facebook login requires your email address. This will be associated with your Smule account.

New Password

Please choose a new password

Success!

Your account has been verified!

You are now logged in.

Thank you!

One more step!

We’ve added some additional security to make sure everyone has a better time. Please verify your account

Send Verification Email

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your account have been sent

Thank you!

One more step!

Please check your email. Instructions to verify your updated email address have been sent

Thank you!